クラシック音楽が好きな女性と出会い、彼女にしたい男性へ|恋愛

 

はじめまして、シュウスケといいます。

僕はクラシック音楽や吹奏楽の演奏会を聴きに行くのが好きで、
度々コンサートホールへ足を運んでいます。

学生の頃は時間があったことから、
同じ趣味を持った仲間たちと一緒に演奏会を聴きに行けていましたが、
就職してからは演奏会に行く仲間がおらず、一人で聴きに行っていました。

ですが演奏を聴いて一緒に感動をする仲間がいないことや、
帰りに演奏会の話をする人がいないため、孤独を感じる機会が多くありました。

そういった経緯から、
僕は特にすきな、クラシックの演奏会が好きな彼女を作ろうと決心しました。

 

 

ここでは、
クラシックが好きな彼女を作るためにした2種類の方法をご紹介したいと思います。
同じように悩んでいる方には、ぜひ参考にして欲しいと思います。

 

■ クラシック好きの男性女性の出会い①サークルで彼氏彼女

 

「音楽系サークルへ参加しよう」

学生の頃とは違って、
社会人になるとお金に余裕ができます。

音楽系サークルは、
楽器の修復や備品の購入など経済的な負担が伴いますが、
その負担を社会人の財力でカバーすることが可能です。

そのため学生の頃、参加することにためらいを感じていた人でも、
気軽に参加できると思うので、積極的に参加してみると良いでしょう。

そして参加するのであれば、オススメは人数の多いサークルです。
人数が多ければ多いほど、出会いの数は多いからです。

もちろん、出会いだけを目的どうして入るわけではありませんが、
「同じ趣味の彼女を作りたい」という気持ちがあるのなら、
ある程度、人数の多いサークルに入った方が良いでしょう。

 

 

音楽が好きな人は一般的に、
演奏会を聴きに行くことが好きな人が多いようです。

なのでサークルに参加した際は、気になる女性を演奏会に誘ってみてください。

音楽が共通の話題になりますので、
会話が盛り上がりやすく、恋愛関係に発展させやすい傾向にあります。

ぜひ、サークル活動を出会いの場として活用してみてください。

ただ、彼女を作る目的でサークルに参加したことが、
周囲にばれてしまわないよう気をつけてください。

出会い目的で入ったことが周りにばれてしまうと、
サークルの仲間から冷たい扱いを受けてしまう恐れがあるからです。

「趣味を楽しみつつ彼女を作るんだ」という気持ちを持って、サークルに参加するのが良いかもしれません。

 

■ クラシック好きの男性女性の出会い②合コンで彼氏彼女。サークルなど。

 

「合コンに参加しよう」

学生がよく使う手段ですが、
合コンは、社会人にとっても出会いの場として有効に利用できます。

出会いを求めているのは男性だけではなく、
女性も同じなので、カップルに発展しやすいようです。

また合コンの場では、
初めのうちは緊張して、お互い上手に話せないかもしれません。

しかしアルコールが徐々に回ってくるため話が円滑に進みやすく、
最終的に仲良くなっている、なんてことがよくあります。

シラフの状態では、
相手の女性と連絡先を交換することにためらいを感じる人もいるでしょう。

 

 

しかし合コンでは、互いにお酒を飲み、
酔っ払っているため、連絡先を抵抗なく聞き出しやすいと思います。

「酔った勢いで出会いを求めるのは嫌だ」という人もいると思いますが、
酔っているからこそ上手に行くということもあります。

そのためそこは割り切って、お酒の力を使ってみてはどうでしょうか。

最後に注意点ですが、
社会人であれば合コン中に、あまりはしゃぎ過ぎない方がいいでしょう。

「調子に乗って騒いでしまった結果、周囲を引かせてしまった」なんてこと、よく耳にします。

学生と違って、社会人の女性は、
落ち着いた男性を好む傾向にありますので、その点に気を付けた上で、合コンに参加してみてください。

 

■ クラシック好きの彼氏彼女を作る良さ|サークル等の男性女性の出会い

 

「同じ趣味を持つ彼女がいるメリット」

彼女がいないために、
一人でバレンタインデーやクリスマスを過ごした、
という悲しい経験をした人もいるのではないでしょうか。

実家暮らしであれば家族がいますが、
一人暮らしだと一緒に過ごしてくれる人は誰もいません。
これはなかなか、つらいものですよね。

しかし彼女がいればそんな心配いりません。
というより、楽しく幸せな時間を過ごせます。

バレンタインデーにもらうチョコは、おいしく感じます。

 

 

クリスマスにもらうプレゼントは、輝いて見えますし、
さらに女性と二人でラブラブと過ごせるのはやはり最高です。

そして料理が下手であってもなぜかおいしく感じさせてくれる、
プレゼントのセンスが悪くてもなぜかうれしく感じさせてくれる。それが彼女です。

「バレンタインやクリスマスなんて、この世からなくなってしまえばいいのに」と思っていた人でも、
恋人ができることで「バレンタインもクリスマスも最高!」と思えるはず。

何をするにしても、
彼女の笑顔を見られたときの幸福感は何物にも代えがたいものです。

また、「一緒にコンサートを聴きに行って、その後はこのお店にいって…」など、
プランを考えているときも幸せを感じられます。

 

■ クラシック好きの彼氏彼女がほしいあなたへ|サークル等の男性女性の出会い

 

好きな女性や気になる女性がいないのであれば、
まずは女性との出会いを作ることが肝心です。

女性と話すのが苦手という人であっても、
まずはアクションを起こしてみてください。

「彼女を作ろう!」と思い行動するのが難しい人は、
「これは練習だ」と思って、音楽系サークルや合コンに参加してみてはどうでしょうか。

初めのうちは、思うように行かないかもしれませんが、
経験を重ねる内に、女性との話し方がうまくなり、やがては彼女を作れるようになるでしょう。

同じような悩みを持っている人は、
上記のことを参考にして欲しいなと思います。

皆さんの恋愛が、成就することを心から祈っております。

 

■ クラシック好きの彼氏彼女③|アプリでの男性女性の出会い、恋愛

 

ここまで、クラシックが好きな女性、
クラシック男性を彼氏彼女にする方法に関してお話ししました。

ですが、ここまでの方法があまり気が進まないという方もいますよね。

 

 

僕はこれ以外にも、
恋活アプリを使ってクラシック女子を彼女にした事があります。

 

僕が使ったのは、

 

フェイスブック恋活アプリomiai(オミアイ)です。

 

omiaikoi

 

Omiaiは日本で最も多くの人に利用されている恋活アプリで、
都会以外の地方でもたくさんの人が利用しています。

 

実は僕はクラシック女性ととにかく出会いたいと思っていたので、
恋活アプリや出会い系をとにかく使いまくりました。

合計で20個くらい使ったのですが、
そのほとんどがサクラばかりのサイトだったんです。

ですが、Omiaiだけは違って、
安全性がとても高いアプリだったんです。

 

例えばOmiaiは、世界一のSNS、Facebookと提携しています。

そのため安全性はとても高く、
カスタマーサポートが24時間体制で安全管理をし、
不正なユーザーを排除しています。

 

ただ、Facebookと提携というのが怖いと感じる人もいると思いますが、

 

omiai3

公式サイトの画像にもあるように、

①Facebookに投稿はされない

②匿名での利用

③友達は除外

となっているので、

周りにばれずに可愛いクラシック女子を探せます。

 

実際に使う場合、
omiaiに登録した後に検索をします。

 

search-fe

searchmenu

 

身長や喫煙など、
合計で30個を超える条件で探すことができます。

「趣味・好きなこと」という欄で、
「クラシック」「ショパン」などとして検索します。

 

ThalesEGO2

ThalesEGO

Omiaiにはたくさんのクラシック女子がいますし、
女子大生や保育士、客室乗務員、モデルなど様々です。

 

史密斯阿翔5

史密斯阿翔

 

無料で見れるので、
かわいいクラシック女子と出会ってみてください(^^)

 

>かわいいクラシック女子と出会う♪(公式サイトへ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラシックコンサートなど好きの彼氏彼女を作る体験談②人目|男性女性の出会い

はじめまして、あきらといいます。
僕は小さい頃から、クラシック音楽を聞くのが好きでした。

たまにはコンサートにも行きますが、
自宅でゆったりと音楽に浸るほうが好きです。

でも抽象的に感じてしまうせいか、
「わかりにくい」という印象を持たれがちで、
なかなか共感してくれる人は少なく、寂しく感じることもありました。

しかし、どんな趣味であっても、
好きなことを一緒に楽しんでくれる人はいるものです。

 

ThalesEGO4

ThalesEGO

 

今では、僕も同じ趣味を持つ人と沢山出会うことができるようになりました。

というわけでここでは、
僕が同じ趣味を持つ彼女を作るためにした2種類の方法をご紹介します。
もし僕の体験が、同じ悩みをもつ方の力になってくれれば幸いです。

 

■ クラシック音楽が好きな男性女性の出会い④|SNSで彼氏彼女を作る恋愛

 

「同じ趣味の恋人を作るためにしたひとつめの事「SNSで探す」」

まずは誰でも思いつくことかもしれませんが、SNSを始めてみました。

もちろんプロフィールは充実させ、
クラシック音楽が好きなこともきちんと書いておきました。

代表的SNSには、TwitterとFacebookがあります。
僕の場合は、Facebookのほうが活躍することが多かったです。

クラシック音楽という、
少し真面目で堅いかんじの趣味だったからかもしれませんが。

次に、プロフィールを充実させたので、
片っ端から同じ趣味の女の子を検索して話しかけていこう、という感じになります。

しかし初めてのSNSだったので、
とりあえずはSNSに慣れてからにしようと思い、普段の生活を投稿しました。

 

怕水的青蛙7

pic by:怕水的青蛙

普通に友人と遊んだり、食事に行ったことを書いて、
友達や知り合いをフォローしていくという、
ごくごく健全な使い方をしました。
結果的にはこれが良かったのかもしれません。

知り合い経由で新しい知り合いに出会い、少しずつ友人の輪が広がっていきました。

普段の生活感をSNSで出していたので、
人柄がわかりやすかったのが良かったのでしょう。

もちろん、ネット上での関係なので社交辞令的な付き合いも多かったですし、
同じ趣味の方と知り合うにしても、
女性より男性の方が圧倒的に多かったです。

それでも、まずは男女を問わずに同じ趣味の友人を増やそうと思い、
そういう人を見つけたら勇気を出して、積極的にコミュニケーションを取りました。

1~2人の同じ趣味の友人を作ることができれば、
そこから趣味の輪が広がるのは早かったです。

もちろん、その輪の中には女性も何人もいましたし、
無事友人になることもできましたので、
友人から恋人に変わるのにあまり時間はかかりませんでした。

 

■ クラシック音楽好きの彼女彼氏②|男性女性の出会い、恋愛

 

「同じ趣味の恋人を作るためにしたふたつめの事「趣味を受け入れてもらう」」

例えば、自分の好きなアーティストがいたとします。

その人がインタビューで、好きな本なんかを答えてたとしたら、
読んでみたくなるものです。

それと同じように、ただの友人でだって、
自分に少なからず好意がある人でさえすれば、
好きな人が好きなものには、ある程度興味を持ってくれるものです。

結果として、どうしてもその趣味が合わない場合はあるでしょう。
そういう場合はこの先の長い付き合いを考えて、
恋人になるのは諦めてしまうのも手ですし、
逆に、我慢して付き合うのもありだとは思います。

しかし、もしクラシック好きな女性じゃないとしても、
すぐに諦めてしまう前に、
自分の趣味を受け入れてもらうための努力を少しはやるべきではないでしょうか?

 

怕水的青蛙3

pic by:怕水的青蛙

 

例えば、普段彼女が聞く音楽をリサーチして、
そこから合いそうなクラシック音楽をピックアップして、
一度聞いてもらったり。

知り合いの話しでは、一回コンサートに連れて行ったら、
生の音を聞いた彼女が感動で泣いてしまって、
そこからクラシック音楽にハマったなんてこともあったそうです。

なにがきっかけで好きになるかはわからないものですので、
そのきっかけを提示する努力は何回かやってみるべきでしょう。

でも、しつこく無理強いするのはいけませんし、
逆に相手の趣味に対しても、同じように受け入れるという気持も大切です。

どうしてもダメな場合は、二人で新しい共通の趣味を見つけるというのも、
ひとつの作戦かもしれません。

 

■ クラシック音楽好きの彼氏彼女のメリット|男性女性の出会い、恋愛

 

なんにせよ、同じ趣味をもつ恋人がいると、楽しみは倍増するものです。

今まで一人で思っていた感想を、隣りにいる恋人に伝えることができ、
そしてまた、その恋人がどうの思っているかも聞くことができるのです。

当たり前だしささいなことではありますが、
これまで一人で楽しむことで味わっていた幸せと、
同じくらいの量の新しい楽しさと幸せが、加わったような感覚になります。

たまに趣味に熱くのめり込んでしまって、
意見の食い違いから、喧嘩になるなんてこともあるかもしれませんが、
そういうことができるのも、同じ趣味を持つ恋人がいるからこそです。

度を越さないように気をつけることと、
思いやりを忘れないことなどを心がければ、
逆に二人の喧嘩を収めてくれる素敵な音楽にもなるでしょう。

 

■ クラシック音楽好きの男性女性に出会いたいあなたへ|彼氏彼女、恋愛へ

 

クラシック好きな彼女を作りたい場合、
基本的なこととしては、性格に特別な難がなく、
見た目もある程度は気にしていて、清潔感がある・・・

それくらいの条件は満たしておく必要はあると思いますが、
クラシック音楽の知識については、それほど気にするほどでもありません。

 

Jack Wu's Photos 吳泊峻8

Jack-Wus-Photos-吳泊峻

 

とにかく少数派だからといって恥ずかしがらずに、
自分の好きなモノを「好き」とアピールすることです。

そうすれば、絶対、声をかけてくれる人はいます。
きっかけさえあれば、意外に早く恋人も見つかるものです。

まずは一歩踏み出してみてくださいね。

 

>クラシック好きの恋人を作るなら、日本一の恋活婚活アプリOmiai♪