恋しよう!恋人作り方マニュアル|彼氏彼女が欲しいけどできる気がしない、結婚したい-出会恋活婚活アプリ、街コン、ナンパ
*

関西大学で彼女を作る方法|3つの恋愛、出会い

 

はじめまして、関西大学に今も在籍しているワタルと言います。

僕は現在関西大学4回生ですが、
1回生の頃に彼女を作るためにした事に関して、詳しくお話ししたいと思います。

 

■ 関西大学で彼女を作るために考えた方法その1|とにかく出会いを求める

 

とにかく出会いを求め歩く。

これは基本にして一番重要、肝心要となる部分だと考えています。

当たり前のことですが、彼女を作るためにはなによりも女の子との出会いが必要不可欠になります。
ただし、この場合は男女問いません。

幸いなことに大学という場所は、
「見ろ!!人がゴミのようだ!!」という某大佐のセリフそのままといっても言い過ぎでは無いくらいに、
色んな人がこれでもかという程たくさんいます。

しかし、いくら人が多いからといっても、普通に大学生活を過ごしているだけでは、
出会う(ここでは仲良くなる・友達になるという意味で使います)人数はさほど多くはないと思います。

 

a10859941a3fc83e54f3aeca14280f38_s

 

それならどうすればいいのでしょうか?

この答は簡単ですがとても難しいことです。

“自らが積極的かつ社交的に動く”ということです。
これは自分の意識さえ変えることができれば本当に簡単なことなんです。

僕はあまり積極的ではないし、
自分では社交的どころは少し恥かしがり屋な面のほうが強いと感じています。

それなのに、どう意識を変えて、彼女を作ったのかをここからお話しします。

 

 

■ 関西大学で彼女を作るために考えた方法その2|意識を変えた

 

意識を変える!

はい。これができれば彼女を作るために必要な自身の要素としては十分だと思っています。

僕の場合に当てはめて話していきますと、
先ほど言った通り僕はあまり人と積極的にかかわったり、
社交的におしゃべりしたりなんかはできないタイプの人でした。

僕の中にあった意識というのは女の人への苦手意識です。

苦手意識といっても中学、高校とイジメに会ったから苦手、
振られたから苦手(なによりその当時は告白する勇気もなかったと思います)というものではなく、
言うなれば意識先行型。

つまり仲よくなりたい、彼女になって欲しいなんていう考えが頭の中でいっぱいになっていたのです。

 

Jack Wu's Photos 吳泊峻 (改変 gatag.net)1

pic by:Jack Wu’s Photos 吳泊峻 (改変 gatag.net)

 

男友達とは普通に話せるのに、なぜか女の人相手だと、
急に話しかけたら気持ち悪がられないかなとか
、緊張したりなにを話そうだとか考えたりして、
結局とぎれとぎれの会話になっちゃったりと散々に終わってしまうんだろうとよく考えていました。

 

そこで僕が彼女を作るためにこの性格を直したいと友人に相談をしました。以下がその会話です。

 

友「お前って俺とか男と遊ぶ時は普通に喋れるし、喋ってても面白いと思うけど、
女の前、特にH(女のひとのイニシャル)の前だとなぜかまともに話せないよな。」

 

僕「そうなんだよ。お前らとは適当に話せるんだけど、
女の人の前じゃ何話そうとかいきなり話しかけたらキモイよなぁとか色々考えちゃうんだよなぁ。」

 

友「それは、意識の問題だろ。女の前だからって話してて楽しいと思われたいとかって考えるからそうなるんだよ。
それに話しかけたら気持ち悪がられるって(笑)。そんなこと考えるようなやつならこっちから願い下げだろ(笑)」

 

僕「話しかける云々は確かにその通りかも(笑)。
でも話の方は皆そうじゃない?話しててつまらないと思われたら仲良くなれないじゃん」

 

友「じゃあお前俺らと話してて毎回毎回面白いと思ってるの?
俺、だいたいはなんてことない雑談してるだけのつもりなのに(笑)」

 

僕「いや僕もそんな感じだけど(笑)。」

 

友「じゃあなんで俺たちこうやってしょっちゅう遊んだりしてんのかってことよ。
面白くもない雑談をしてる中でもたま~に何かで盛り上がったりとか、
たまたまツボに入ったりとか、そんくらいで仲良くなれるからだろ。」

 

考えてみると、本当にその通りだと思いましたで、
なぜ僕が今まで女の子にあんなに苦手意識をもっていたのかわかりません。

あの子によく思われたい。という想いは誰でも抱いていることだとは思いますが、
何か自分に対して(それが負だろうと正だろうと)感情をもってもらうためにはまず話すことが大切なのです。

 

怕水的青蛙3

pic by:怕水的青蛙

 

その日から段々と意識を変えるように努力をしました。
一人では心細かった(女々しく思われるかと思いますが)ので、
友達にちょっと変じゃないか見てて。

といって女の子に話しかけに行く様子を観察してもらったり、
なんでもない普段男友達とするような雑談を自分から振ってみたりしました。

 

このときの僕は特にこの子に嫌われたらどうしようなどとは考えていませんでした。
それは、嫌われたら嫌われたで仕方がない。
無関心よりはいくらかマシ(これも友人から教わった考えですが)という風に考えられるようになったからです。

そして実際問題として、よっぽど変な話(下ネタや極度なオタクネタ)などを振らない限り、
嫌われるなんていうことはまずないな、と実感できました。

これで僕の意識改革は無事に終わりを迎えました。

 

■ 関西大学で彼女を作るために考えた方法その3|二人きりの時間を作る

 

二人きりを作るべし!

その2で意識は改善でき、それによりその1 (とにかく出会いを増やす)は簡単になるでしょう。

一応その1の例を上げておきますと、バイト・サークル・少人数の講義などがあります。
チャレンジスピリットあふれる人なら大人数の講義でも横に座って話しかけるとなお広がりますね。

 

さて、その3ですが、これは友達など(女友達がいるとより簡単です)にも協力してもらうのが一番簡単です。
いつも大人数でワイワイしている時よりも二人きりになるとより男女を意識してしまうものです。

 

ここで今まで培ってきた努力(その1のたくさんの人と仲良くなるということです)を存分に発揮するときがきました。

大学に山ほどいる人の中で、
少なくとも2人や3人気になる人が出てきても不思議じゃないと思います。
(事実、僕は色んな人と話してて7.8人くらいこの人いいなぁと思う人が現れました)

 

阿哲08122 (2)

pic by:阿哲0812

その中でもより仲良くなれた人(仮にHとします)に狙いをつけ、
そのHの所属グループや、
Hの仲のいい子達にそれとなく二人きりにしてもらうように画策します。
(この際、恥ずかしがらずにその子達にはHが好きだと伝えれば、より(おもしろがって?)積極的に協力してくれるようになります)

 

ここまでくれば簡単で、二人きりで話したり遊んだりした後は、
好感触ならその時に次に会う約束を必ず取り付けます。

 

もし彼女になってくれそうに感じなければ僕は諦めることが多いです。
(どうしても弟みたいに思うとか友達以上にはなれそうにないという事は多々あるようです)

 

そして次の約束の日にはまた次、そしてまた次、
と回数を重ねていくことで、より男女としての仲が深まり最後には告白をします。

僕は大学に入学してから二人と別れましたが、
その後3回生の時に付き合った彼女とは今でも毎日、
なんてことはない雑談をしながら楽しく過ごしています。

 

僕の体験談が参考になるかはわかりませんが、
同じような悩みかたをしている人も多いかと思います。
少しでも力になれれば幸いです。どうも、長々とありがとうございました。

 

■ 関西大学で彼女を作る方法|出会い、恋愛する

 

関大では授業やバイトなどでの出会いもありますが、

僕はこのほかにも、
アプリでの出会いにも力を入れていたことがあります。

 

アプリやサイトはとてもたくさんありますが、
フェイスブック恋活アプリのOmiai(オミアイ)が最もおすすめです。

 

omiaikoi

 

オミアイは日本で一番利用者が多い、130万人の登録者がいる人気アプリです。

18,19、20代がほとんどで、
それ以上の男女とも多数います。

 

オミアイは安全性の向上のために、
Facebookと提携して運営されているのが特徴の一つです。

 

ですが、フェイスブックというと、
あなたが、「Omiaiで恋活を始めました」
なんてフェイスブックにつぶやかれたりしそうな怖さもありますよね。

 

それについては、

 

omiai3

 

このとおり、

・実名は登録されない(ニックネームでの利用)

・フェイスブックには何も投稿されない

・フェイスブックの友達は表示されない

 

こうなっているので、
友達などにはバレずに女の子を探せます。

 

史密斯阿翔1

pic by:史密斯阿翔

 

今彼女がいない人や、出会いがないと悩んでいる関大生は、
一度地域を「大阪」や関西付近で検索してみてください。

僕の一押しです。

 

>Omiaiで可愛い彼女を作る!(公式サイトへ)