恋しよう!恋人作り方マニュアル|彼氏彼女が欲しいけどできる気がしない、結婚したい-出会恋活婚活アプリ、街コン、ナンパ
*

小説や漫画など、本や読書が好きな彼女を作る2つの方法|同じ趣味の女性との出会い

 

はじめまして、タクヤといいます。
僕は小学生の頃から読書が趣味だったのですが、
同じ趣味の女性とはあまり縁がありませんでした。

昔から同じ趣味の彼女が欲しいとは思っていたのですが、
なかなか良いキッカケもなく、
読書が趣味という女性も見つけられなかったため諦めていました。

 

怕水的青蛙7

pic by:怕水的青蛙

 

そんなある日、僕の親友に彼女ができました。
それはそれでめでたいことなのですが、
親友と遊べる機会が少なくなってしまい、暇な日が増えてしまいました。

そのようなこともあり、僕も真剣に彼女を作ろうと思いました。
そして、できることなら同じ趣味の彼女を探そうと思い、行動を起こしたのです。

 

■ 小説や漫画など本や読書が好きな彼女を作る方法①|SNSでの女性との出会い

 

僕はあまり女性に積極的なタイプではありません。
自分から声をかけることはもちろん、
ナンパというものを人生で一度もしたことがないのです。

そのため、まったくツテのないところから女性と出会うためには、
ネットを使うという方法しか思いつきませんでした。

SNSなどで「読書」をキーワードに検索して、そこから仲良くなっていくのです。

そのような方法で何人かの女性に声をかけると、
一人の女性と連絡先を交換することができました。

 

Jack Wu's Photos 吳泊峻 (改変 gatag.net)1

pic by:Jack Wu’s Photos 吳泊峻 (改変 gatag.net)

 

最初は電話とメールだけで話をしていたのですが、
数ヶ月経つと、一緒に食事をするまでの仲になったのです。

彼女は本当に読書が好きな女性で、僕よりも断然読書マニアでした。
共通の話題も多いですし、本屋に一緒に行けば、
それだけで楽しいデートができたはずだと思います。

ただ、正直に言うと、顔がタイプではありませんでした。
贅沢でわがままな話ではあるのですが、僕としてはやはり好みの顔、
というのも彼女にする女性の条件として譲れないところだったのです。

そのようなこともあり、彼女とは友人として付き合っていくことになりました。
今でも女友達として良好な関係を続けています。

その後もSNSでのナンパを続けていれば、
そのうちそれなりの成果を出せたのかもしれませんが、
やはり相手の顔がわからないというところもあり、それからは行わなくなりました。
そして新しい方法を考えたのです。

 

■ 小説や漫画など、本や読書が好きな彼女を作る方法②|ブックカフェでの出会い

 

読書が趣味の女性が集まるところを色々と考えた結果、一つの答えに行き着きました。
ブックカフェです。

ブックカフェは、カフェでもありまがら様々な本が置いてあり、
自由にそれらを読むことができるという、読書好きにはたまらない場所です。
当然、多くの読書好きが集まります。

僕の家の近くにもたまたまブックカフェがありました。
気にはなっていたのですが、
今まで一度も行ったことがありませんでした。

不純な動機ですが淡い期待もこめて、
僕は気になっていたブックカフェに行くことにしました。

入ってみるとキレイな女性がチラホラいたので、
ラッキーとは思ったのですが、そう簡単な話ではありません。

 

怕水的青蛙3

pic by:怕水的青蛙

 

ブックカフェは各々が本を読み、自由に時間を過ごしている場所です。
とてもナンパなどできる雰囲気ではないのです。

僕は目的を早々に諦め、
読書好きの一人としてそのブックカフェに通うことになりました。

しかし無欲の勝利とはこのことなのか、
しばらくは何もありませんでしたが、ある日一人の女性に声をかけられました。

それはそのカフェの店員の方でした。
「いつもいらっしゃってますね」という会話から始まり、
僕は彼女とよく話をするようになりました。

カフェ以外で会うようになるまで、そう時間はかかりませんでした。
こっそりと連絡先を渡すとすぐに連絡が来て、
ほどなくすると僕たちは付き合うようになったのです。

 

■ 小説や漫画など、本や読書が好きな彼女を作るメリット

 

趣味が同じ女性と付き合う幸せを、
僕はその女性と出会って初めて実感しました。

なぜならお互いに気を遣わないで話ができますし、
趣味が二人の仲を紡いでくれるからです。

趣味が同じといっても、細かい部分では意見が食い違うことはあります。

そのようなことで言い合いのような形にはなるのですが、
互いの性格についてのダメだしというわけではないので、
話が終わればいつもの二人に簡単に戻ることができます。

言ってみれば、遺恨の残らない喧嘩ができるのです。
そうすることによって、互いのことを深く知ることができます。

それに喧嘩をして互いに口をきかなくなったとき、
その突破口となるのは趣味の話です。

なんとなく本の話を始めると相手も乗ってきて、
その後素直に謝ることができます。

 

■ 本や読書など、同じ趣味の彼女を作りたいあなたへ

 

趣味とはある意味、その人の性格を表すものでもあります。
その趣味が同じということであれば、
性格的にも共通点が多いということなのでしょう。

同じ趣味の人と出会えばすぐに意気投合することができますし、
今までの誰よりも相手を好きになることができます。

勇気を持って様々な場所を探し、声をかけてみてはいかがでしょうか。

 

■ 小説や漫画など読書や本が好きな彼女を作る、一つの女性との出会いの方法

 

SNSとブックカフェでの出会いの方法をお話ししましたが、
SNSではネットナンパのようなもので実際は困ったことになったこともあります。

また、ブックカフェでのあの出会いは本当にラッキーだったと思いますし、
そう簡単にできるものではありません。

 

僕はこのほかにも、
恋活アプリで女性と出会っていた経験があります。

アプリは色々ありますが、
その中の一つのアプリで彼女を作ったことがあります。

 

それは、

 

フェイスブック恋活アプリのomiai(オミアイ)です。

 

omiaikoi

 

Omiaiは130万人を超える人が利用している人気のアプリで、
日本でもトップクラスの会員がいます。

 

また、安全性にもこだわっていて、

フェイスブックとヤフージャパンとの連携をしており、
サクラなどを排除するために、
24時間体制でお客様サポートが管理をしています。

 

そしてフェイスブックとの連携と言いましたが、

 

omiai3

 

上の写真のように、

 

①いいね!や投稿は決してされない

②名前は完全に非公開

③フェイスブック友達は除外

なので、

 

周りの人に知られないで彼女を作れます。

 

そしてOmiaiでは、次のように検索をします。

 

search-fe

 

次のように条件を決め、出会いたい相手を決めます。

 

searchmenu

 

Omiaiはこの条件設定が本当にしっかりできるため、
求める相手にとても出会いやすくなっています。

 

そして条件の一つに「趣味」があるので、
「小説」「漫画」「読書」などといれることで、
同じ趣味の人を探すことができます。

 

27ad9895f3bdf389ecae465b3b165e3f_si

 

Omiaiには可愛くて元気な女性や、
優しい雰囲気の女性が多くいます。

 

史密斯阿翔5

pic by:史密斯阿翔

 

f5460ba179c3a0097a0806234cd68dcd_su

 

迷っているよりも、まずは行動を起こすことが大切です。

 

無料で見れるので、
漫画や小説など、本や読書が好きな相手を探してみて下さウイ(^^)

 

>読書や本好きの恋人を作る♪(公式サイトへ)